お品書き

概要 *

filegmark-select-2007.02.22.zip

画面を分割してグローバルマークを選び、ジャンプしたり削除したりできます。

設定 *

;; ni-autoloadしてる人は不要
(export '(ed::gmark-select
          ed::gmark-select-set
          ed::gmark-select-search-forward
          ed::gmark-select-search-backward) "ed")
(autoload 'gmark-select-set "gmark-select" t nil)
(autoload 'gmark-select "gmark-select" t nil)
(autoload 'gmark-select-search-backward "gmark-select" t nil)
(autoload 'gmark-select-search-forward "gmark-select" t nil)

;; お好みで
(define-key ctl-x-map #\C-g 'gmark-select)
(define-key ctl-x-map #\NUL 'gmark-select-set)
(global-set-key #\C-Down 'gmark-select-search-forward)
(global-set-key #\C-Up 'gmark-select-search-backward)

使い方 *

gmark-selectに設定したキーを押す。
↓のキーバインドを押してみる。

キーバインド *

q抜ける
C-g抜ける
d現在行のglobal-markを削除
SPC反対側の窓に表示
TAB反対側の窓に表示
RETジャンプ(SPC + q)

履歴 *

2007.02.22

  • gmark-select-search-forwardで次のバッファも探すようにした

2007.02.19

  • 初版

コメント *

コメントはありません。 script/gmark-select/comment?

お名前:

Tag: xyzzy script



添付ファイル: filegmark-select-2007.02.22.zip [詳細] filegmark-select-2007.02.19.zip [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 BACKUP 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-22 (木) 07:42:07 (3689d)